ユニコード拡張された pTeX を使ってみよう

※入力コード系をユニコードにしただけなので、従来の pTeX と完全?互換です※
※噂の UpTeX ではありません。 Mac OS X で動かせる distribution が未だに無い?ので※
※もし pTeX との互換性を重視しないなら、TeX Live に含まれる XeTeX も選択肢に入るでしょう※

<処理結果は別の窓(またはタブ)に表示されます>
 結果の窓が見えないことがありますが,裏に隠れています。
<連続して「実行」される前にお確かめ下さい>

<ファイルは管理人が見てしまう可能性があります>
 見られたくない場合は pTeX「実行」後に「関連ファイル削除」を「実行」して下さい。

※コンパイルにはスクリプト platex-otfptex-otf を用い内部で utf8toutf と nkf を呼び出します※
babel 用に稲垣さんの作られた japanese.ldf を少しだけ改造して nihongo.ldf を作ってしまいました※

ファイル名: .tex   1.tex〜99.tex が標準(適当に割り振られるが変更可)です。

platex ptex 関連ファイル削除

このようなサービスの作り方


ホームへ